• 古賀病院グループ
  • 新古賀病院
  • 古賀病院21
  • 新古賀クリニック
  • こがケアアベニュー
  • 古賀病院グループ 外国語サイト

東館(新病棟)のご紹介

新古賀病院・東館

2015年12月1日、社会医療法人天神会「古賀病院グループ」は設立70周年を記念して、新古賀病院の新病棟『東館』を開設いたしました。

東館は新古賀病院の救急機能の整備・拡充を目的とし、「24時間365日断らない救急」のより一層の充実を目指します。


東館の特長

救急体制の整備・拡充

救急搬入の様子

救急・時間外外来を本館から東館1階に移ました。CT・MRI・超音波検査などの各種検査室も同フロアに集中し、救急搬入や緊急受診から検査・処置までを迅速につなぎます。2階には手術室と血管造影室を、3階には重症患者さんや術後患者さんの集中的な看護・処置を行うICUとHCUを設置し、緊急の手術・入院にもスムーズに対応します。


安心で快適な入院環境

スタッフステーション

重症患者さんや術後患者さんが入院する3階のICUとHCUでは、患者さんの療養環境とプライバシー向上のため個室を多く設置しています。5~7階の病棟フロアは開放的で広々とした造りで、病室内は窓を大きく設けた開放的な雰囲気になっています。また、スタッフがすぐ対応できるようスタッフカウンターを各フロアに3か所に設置し、患者さんの側に寄り添います。

高精度・迅速な検査に対応する医療機器

320列 CT装置

緊急検査に高精度かつ迅速に対応するため、新しい医療機器を導入しています。320列CT装置は大幅な被ばく量の低減で体への負担を減らし、大幅なノイズの低減で検査時間の短縮と鮮明な検査画像を得られます。また、1.5TデジタルMRI装置は完全デジタル化で高精度な検査画像を得られます。血管造影室のバイプレーン血管造影装置は、2方向から撮影することで検査時間の短縮を可能にします。

本館・東館案内


本館・東館案内


フロアマップ

1階

救急外来・時間外外来・CT撮影室・MRI撮影室・一般撮影室・胃透視撮影室・生理機能検査室

救急対応に特化したフロアです。救急・時間外診察室、救急処置室、各種検査室、点滴室などを東館1階に集約したことで、スムーズな救急対応を可能にします。

東館1階

①ラウンジ
北側の公園に面しており、患者さんやご家族の待合室や飲食可能な談話室、くつろぎのスペースとしてご利用いただけます。


②救急・時間外診察室
4室を設け、救急患者さんや時間外外来の診察に対応します。


③救急処置室
搬入された救急患者さんの処置に迅速に対応します。


④CT撮影室
320列の検出器を搭載し、1度に撮影できる範囲が拡大。また、大幅なノイズと被ばく線量の低減を可能にした逐次近似再構成システムを搭載したことで、患者さんへの負担の軽減を実現しています。


⑤MRI撮影室
完全デジタル化した最新鋭のMRI装置は一般的な1.5Tのものに比べ、より鮮明な画像が可能に。

2階

手術室【5室】・血管造影室【3室】

手術室・血管造影室・安静室・説明室などを配置した手術専用フロアです。

東館2階

⑥手術室
これまでの3室から5室に増やし、緊急手術にも迅速に対応します。


⑦血管造影室
本館から3室を移設し、緊急カテーテルが必要な循環器の救急患者さんに迅速に対応します。また、2方向から血管を撮影できるバイプレーンの血管造影装置を1台導入し、検査時間の短縮を図ります。


3階

ICU【8床】・HCU【20床】・入院透析ベッド【8床】

救急患者さんや術後患者さんが入院するICU・HCUと、入院透析のフロアです。

東館3階

⑧ICU
重症患者さんや術後患者さんを収容して、集約的に看護・処置を行うICUを、手術の増加に対応できるよう、これまでの6床から8床に増床します。また、患者さんの療養環境とプライバシー向上のため、個室も設置しています。


⑨HCU
救急入院や重症患者さんに対応するHCUをこれまでの15床から20床に増床します。また、患者さんの療養環境とプライバシー向上のため、個室も設置しています。


⑩入院透析
透析を行っている患者さんが安心して入院できるよう、集約して透析を行う透析室を8床設置します。


4階

中央検査室・医局・会議室

これまで病院内の様々なフロアに分散していた医局、検体検査室・細菌検査室・病理検査室などを集約して、機能の向上と職員連携を図ります。

東館4階

⑪中央検査室
検体検査・細菌検査・病理検査まで、すべての検査を一室で行い、24時間迅速で効率のよい検査体制を整えます。


⑫医局
緊急時にも迅速に対応できるよう救急外来、病棟から近いフロアに、内科・外科一体で連携した医局を設置します。


⑬連絡通路
本館と東館を渡り廊下で繋ぎ、両館の運営をスムーズに行います。


5~7階

5~7階は入院病棟となっており、各階とも同じ構造です。 (各階42床)

5階  循環器内科病棟・心臓血管外科病棟
6階  消化器外科病棟・乳腺外科病棟
7階  脳神経外科病棟・呼吸器外科病棟・救急科病棟

東館5~7階

⑭スタッフステーション
3チームに編成された固定チームナーシング方式に合わせて、ナースカウンターを3つ設置してそれぞれのチームが患者さんから近い距離で看護を行える体制を整えています。また、全室の状況を表示したモニターを設置しています。


⑮病室(個室)
10室ある個室内には洗面台、トイレ、シャワーを設置しています。病室内は窓を大きく設け、開放的な雰囲気にしています。


⑯病室(4人部屋)
8室ある4人部屋の入り口には洗面台とトイレを設置しています。病室内は窓を大きく設け、開放的な雰囲気にしています。


⑰食堂・談話室
公園に面した北西側に、落ち着いた木目の内装の食堂・談話室を設置しています。




医療機器のご案内

1F・CT撮影室

320列CT装置

逐次近似再構成を搭載した最新鋭320列CT
(ONE Aquilion/東芝メディカルシステムズ)

320列の検出器を搭載し、1度に撮影できる範囲が拡大。また、大幅なノイズと被ばく線量の低減を可能にした逐次近似再構成システムを搭載したことで、患者さんへの負担の軽減を実現しています。

1F・MRI撮影室

1.5TデジタルMRI装置

最新鋭のデジタルMRI装置(1.5T)と
専用のライティングソリューションを導入

完全デジタル化した最新鋭のMRI装置は一般的な1.5Tのものに比べ、より鮮明な画像が可能に。また、MRI装置専用のライティングソリューション(In-bore solution)では、狭いMRI装置本体の中で、患者さんが映像と音楽を楽しみながらリラックスした環境で検査を受けることができます。

2F・血管造影室

1.5TデジタルMRI装置

2方向同時撮影可能なバイプレーン機能を
備えたアンギオ装置(Innova IGS620)

バイプレーン機能を備えた血管造影装置(アンギオ装置)は、2方向同時に撮影することで、1方向しか撮影できないシングルプレーンよりも造影剤の注入回数・ X線撮影の回数の減少が可能になります。そのため、検査・治療時間の短縮が図れ、患者さんへの負担の軽減も期待できます。

売店のご案内

売店のご案内

東館1階に売店がオープンいたします。営業時間は下記のとおりです。

月~金(祝日除く)8:00~20:00
土・日・祝日     8:00~17:00

どうぞご利用ください。

 

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • 新古賀病院
    0942-38-2222(代表)
    〒830-8577 福岡県久留米市天神町120
    交通アクセス
    新古賀病院
  • 古賀病院21
    0942-38-3333(代表)
    〒839-0801 福岡県久留米市宮ノ陣3-3-8
    交通アクセス
    古賀病院21
  • 新古賀クリニック
    0942-35-2485(代表)
    〒830-8522 福岡県久留米市天神町106-1
    交通アクセス
    新古賀クリニック