• 古賀病院グループ
  • 新古賀病院
  • 古賀病院21
  • 新古賀クリニック
  • こがケアアベニュー
  • 古賀病院グループ 外国語サイト

院内コンサート

医療法人天神会では定期的に院内コンサートを開催しており、ご入院中の患者さんを中心に、患者さんや患者さんのご家族に楽しいひとときをお過ごしいただいています。

コンサートの出演者はプロの演奏家の方をはじめ、地元の音楽関連の団体や患者さんのご家族、ボランティアの方、病院スタッフなど、様々な皆さんにご協力いただいています。

音符 第2回 クリスマスコンサート 星

日時
2011年12月7日(水) 19:00〜
会場
新古賀病院 1階ロビー
出演者
天神会職員 がんサロン参加者の皆さん 患者さんのご家族
  • マスキングテープ緑 写真1
  • マスキングテープ緑 写真2

「第2回クリスマスコンサート」が12月7日、新古賀病院の外来フロアで開かれ、がんサロンでの企画から始まったハンドベル演奏などを、多くの患者さんやご家族に楽しんでいただきました。昨年のクリスマスコンサートはがんサロンの担当職員とその参加者の皆さんでの演奏でしたが、今年は事前に参加希望者を募り、新たに7名の職員が加わりました。

2ヶ月間、週1回の練習を行い、残念ながら業務の都合で当日参加できなかった職員もいましたが、総勢17名の職員と、昨年に続いて参加していただいたがん患者さん2人で、クリスマスの定番曲「きよしこの夜」「赤鼻のトナカイ」「もろびとこぞりて」などをハンドベル演奏しました。

また、新古賀病院で入院治療された患者さんの中学3年生のお孫さんも、おじいちゃんに買ってもらったフルートで是非演奏したいと参加され、「星に願いを」「ハナミズキ」をフルート演奏していただきました。

全員そろっての練習がなかなかできず、少し失敗してしまう場面もありましたが、聴きにきてくださった患者さんやそのご家族からは大きな拍手が寄せられました。主催したがんサロン担当職員は、来年以降も職員に参加を呼びかけ、たくさんの職員で演奏する定例クリスマスコンサートにしていきたいと、今後の希望を語ってくれました。

音符 きらきら☆エレクトーンコンサート 星

日時
2011年8月25日(木) 19:00〜
会場
新古賀病院 1階ロビー
出演者
木下楽器店・エレクトーン教室の皆さん
  • マスキングテープ緑 写真01
  • マスキングテープ緑 写真02

今回の「きらきら☆エレクトーン演奏会」では、病院近くにある木下楽器店のエレクトーン教室に通う小中学生10人にすばらしい演奏を披露していただき、約50人の患者さんやそのご家族に楽しんでいただきました。

この日の演奏会は、当院のスタッフが木下楽器店に「エレクトーン教室に通う子供たちの素敵な演奏をぜひ新古賀病院の患者さんに聴かせてほしい」とお願いし、「子供たちの演奏で楽しんでいただけるのなら」と快諾していただき、実現しました。

NHK朝のテレビドラマ「ゲゲゲの女房」のテーマ曲「ありがとう」や「ピクニック」、「宇宙戦艦ヤマト」、ドラマ「JIN-仁-」のテーマソングなど様々な曲が演奏され、一人ひとりの演奏が終わるたびに、患者さんやそのご家族の皆さんからは盛んな拍手が寄せられていました。 最後に、すばらしい演奏を披露してくださった10人には、患者さんやスタッフの代表が感謝の気持ちを込めて花束をお贈りしました。

音符 クリスマスコンサート 星

日時
2010年12月9日(木) 19:00〜
会場
新古賀病院 1階ロビー
出演者
新古賀病院がんサロンスタッフ がんサロン参加者の皆さん
  • マスキングテープ緑
  • マスキングテープ緑
  • マスキングテープ緑
  • マスキングテープ緑

がんサロン参加者の皆さんとスタッフによる「第1回ハンドベル&リコーダー定期演奏会」と銘打って、クリスマスコンサートを開催しました。

がんサロンの企画の一つとしてスタッフと参加者で始めたハンドベル演奏が好評で、2010年4月からがんサロンの度に何回か練習を重ねていました。その成果の発表の場として、スタッフだけでコンサートを開催する予定でしたが、がんサロン参加者の方が「演奏会に出たい」と申し出てくださったことで、急遽がんサロン参加者4名も交えたコンサートが実現しました。

サンタに扮したがんサロン顧問・中嶋医師の司会で、「第1部:がんサロンスタッフのハンドベル演奏」、「第2部:がんサロン参加者4名とスタッフのハンドベル演奏」、「第3部:がんサロンスタッフのハンドベルやリコーダー演奏」の3部構成で演奏を行い、がんサロン参加者の皆さんは限られた練習時間だったにもかかわらず、見事な演奏を披露してくださいました。最後は、リコーダーにキーボードやアコーディオン、タンバリンなども交えたにぎやかな演奏で、コンサートの幕を閉じました。

音符 オカリナ演奏会 星

日時
2010年10月14日(木) 19:00〜
会場
新古賀病院 1階ロビー
出演者
Shana(シャナ)
WEBサイト:http://www.shana-hana.jp/
  • マスキングテープ緑
  • マスキングテープ緑
  • マスキングテープ緑
  • マスキングテープ緑

今回は「山の音楽家」Shanaの演奏会を開催しました。Shanaは、佐賀県脊振村在住のギターの原健太郎さん、オカリナの原麻由子さんご夫婦によるユニットです。当日は、昼過ぎに開催した「がんサロン1周年記念コンサート」でも演奏していただきました。

曲目は「ふるさと」「ななつのこ」「ずいずいずっころばし」などの童謡や、「アヴェ・マリア」などのクラシック、「君を乗せて」などのスタジオジブリ作品と多岐にわたり、終盤では当院のスタッフが飛び入りで参加して、スタッフのリコーダーを加えた3人で演奏する一幕もありました。最後は、アンコールでリクエストされた、オカリナ演奏の代表曲とも言える「コンドルは飛んでいく」で演奏会は終了となりました。

オカリナとギターの奏でる素朴でどこか懐かしい音色と、演奏の合間に語られる原麻由子さんの和やかなお話とで、心温まる癒しの時間を過ごすことができました。

音符 マリンバ演奏会 星

日時
2010年3月18日(木) 19:00〜
会場
新古賀病院 1階ロビー
出演者
九州マリンバ合奏団2005 ~TRIO STYLE~
田代 佳代子さん  八谷 和歌子さん  塚崎 美子さん
  • マスキングテープ緑
  • マスキングテープ緑

音符 ハートフルコンサート 星

日時
2008年12月5日(金) 19:00〜
会場
新古賀病院 1階ロビー
出演者
尺八 : 山崎 箜山さん (都山流大師範)
ピアノ : 日高 美佐さん  チェロ : 日高 優太朗さん
  • マスキングテープ緑
  • マスキングテープ緑

音符 ウイーンフィルハーモニー ≪シュルホフ・カルテット≫ 久留米演奏会 星

日時
2008年11月22日(水) 18:30〜
会場
新古賀病院 5階記念講堂
出演者
シュルホフ・カルテット(ウイーンフィルハーモニー)
第一ヴァイオリン : Milan Setena (ミラン・セテナ)氏
第二ヴァイオリン : Michal Kostka (ミカル・コスタカ)氏
ヴィオラ : Filip Waulin (フィリップ・ワウィン)氏
チェロ : Jonas Krejici (ジョン・クレアーシュ)氏

指揮 : 遠山 和良さん
ソプラノ : 俣野 聡子さん、森山 紀子さん
アルト : 齋藤 由美子さん
テノール : 齋藤 如由さん
ベース : 本田 純一さん
第一フルート : 三谷 典子さん
第二フルート : 下川 夏海さん
オルガン : 久米 詔子さん

混声合唱団「コール・FLC」
  • ピンクのマスキングテープ 写真:読売新聞西部本社提供

    写真:読売新聞西部本社提供

世界に知られるウィーンフィルハーモニーオーケストラのメンバーで構成した「シュルホフ・カルテット」と、地元・久留米市の混声合唱団「コール・FLC」(菊竹章剛代表)との共演コンサートが、新古賀病院5階の記念講堂で開催されました。

今回のコンサートは、同合唱団団員の齋藤如由・齋藤醫院院長を通じて菊竹代表から会場提供の要請を受け、「シュルホフ・カルテット」の長崎・北九州両公演の合い間を縫って実現しました。地域密着型のコンサートを開いてきた同合唱団のメンバーにとっては、世界的な演奏家との「夢のようなコンサート」で、格式のあるコンサート会場ではなく、病院の講堂で開かれた異例尽くめのコンサートでした。

当日は約200席のすべてが無料招待席で、入院患者さんも招待され、シャルパンティエの「真夜中のミサ」やモーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」などの見事な演奏と合唱に聴き入っていました。来場者の皆様からは「会場の音響効果もよく驚きました」というお言葉もいただきました。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • 新古賀病院
    0942-38-2222(代表)
    〒830-8577 福岡県久留米市天神町120
    交通アクセス
    新古賀病院
  • 古賀病院21
    0942-38-3333(代表)
    〒839-0801 福岡県久留米市宮ノ陣3-3-8
    交通アクセス
    古賀病院21
  • 新古賀クリニック
    0942-35-2485(代表)
    〒830-8522 福岡県久留米市天神町106-1
    交通アクセス
    新古賀クリニック